私の実家では7年ほど前にお風呂のリフォームをしました。

 

 

お風呂は毎日使う、汚れやすい場所です。

 

掃除も結構大変で見てみぬふりをしている人も多いのでは?実家の母も掃除に苦労していましたが、リフォームでかなり楽になりました。

 

当時、同居はしていませんでしたが、リフォームするにあたり両親と一緒にショールームへ見に行ったり、打ち合わせに参加したりしたのでその時のことを思い出してみました。

 

 

お風呂のリフォームを検討中の方やお風呂掃除に苦労されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

築30年のお風呂を新しくリフォーム!

 

 

実家は当時で建築からすでに30年も経過していました。やはり築30年ともなるとあちこち傷んできます。

 

 

今回リフォームしたお風呂以外にも気になる箇所はあったのですが、給湯器を新しくするタイミングがあり、まずお風呂をリフォームすることになりました。

 

 

工事は実家を建ててもらった大工さんにお願いをすることにしました。

 

 

30年前ではまだ現在のようにユニットバスは一般的ではなかったので、実家のお風呂は床も壁もタイル、浴槽はステンレスといった昔風のお風呂。

 

 

一番の難点は床と壁のタイルの掃除でした。母は割ときれい好きなので頻繁にタイルの目地の掃除をしていましたが、カビが生えやすく大変だったのを覚えています。

 

 

私もお風呂掃除を何回か手伝いましたが、なかなかカビが落ちずに苦労しました。

 

 

お風呂のリフォームを決めた時、母は「あの掃除から解放される!」と大変喜んでおりました。

 

 

気になる費用と新しいユニットバスの選択

 

 

お風呂のリフォームを決めて、まずはメーカーのショールームへ下見に行きました。

 

 

母の希望は人造大理石の浴槽と壁がパネルであること、床が滑りにくいことでした。

 

 

扱いが楽で傷がつきにくいという理由で人造大理石の浴槽にし、壁のパネルは掃除のしやすさを考えてのこと。

 

 

ショールームに見に行くと、壁のパネルや床の滑りにくさはどのパターンでも十分な感じがしました。

 

 

というよりも実家のお風呂がいかに昔風かということを思い知らされたような感じで、「やっぱり最新式は違うね!」と母と話したのを覚えています。

 

 

あとは色や質感などの選択、ドアのパターンや付属品の選択で料金が決まっていきました。

 

 

私の実家は引き戸のスペースがなかったので折り戸にしたようです。

 

 

費用は全体で約80万円程度だったと思います。

 

両親は100万円程度の予算だったようなので、思ったよりも安くすんでよかったと言っていました。

 

私の実家の場合はすでに工事業者が決まっていましたが、リフォームを任せる会社の選定から行う場合は行う業者によって料金が変わってくるようです。

 

 

お風呂場のリフォームのメリット、デメリットさまざま

 

 

以前のお風呂でも掃除の点を除けば全く不自由さは感じていませんでしたが、やはりリフォームをしてみると便利で使いやすく、かなり掃除もしやすくなりました。

 

 

床は滑りにくいのは当然のこと、ひんやりしない素材になっていて冬でも温かく、水の流れも考えてあるので湿気がたまりにくくなっています。

 

 

壁はパネルなので、断然汚れが付きにくくなりました。

 

 

そのため、掃除の手間も労力も省くことができ、それほど頑張って掃除をしなくてもきれいを保てるところがメリットです。

 

 

 

また浴槽も予想通り人造大理石は汚れが付いても掃除が楽!

 

 

しかも掃除などでついた傷も目立たず高級感もあります。

 

 

さらに浴槽を広く取れるようにしたので、足を延ばして楽々入れるようになり、リラックスできるようになりました。

 

 

工事前は冬などは寒かったお風呂が温かく入れるようになったのも予想以上でした。

 

 

デメリットとしては、やはりお風呂は毎日使う場所なので、工事をする時には銭湯などを利用しなければならないという点。

 

 

 

それとあまりたくさんショールームを見て回るとどのようにリフォームしたかったのかを見失い、だんだん分からなくなってくることもあります。

 

 

私たちは先にショールームを見に行きましたが、自宅のお風呂のサイズと希望などを事前にカタログなどでピックアップしてから見学に行くといいかもしれません。

 

 

便利さと快適さを実感する

 

 

お風呂は浴槽と洗い場という割とシンプルな造りですが、最新のお風呂にはいろいろなテクノロジーが使われているということが、リフォームをしてみて初めてわかりました。

 

 

 

お風呂は普段よその家と自宅のものを比べることはほとんどないため、「まあこんなものか」と思っていましたが、

 

 

 

リフォームしてみて断然掃除が楽になり、入浴時の快適さを実感しました。