トイレ掃除をしないという人はあまりいないと思いますが、トイレ掃除というと基本的には汚れが気になる便器のお掃除がメインになると思います。

 

ですので、便器のお掃除に関しては綺麗に磨いてる家庭も多いと思います。
 

しかし、それでもトイレは汚れやすい場所ですので、便器以外で普段から私が気をつけている点をご紹介したいと思います。
 
 

■トイレの掃除は普段から清潔にしておく事で綺麗になる

 
トイレ掃除はサボればサボるだけ、大変になります。毎日使う場所ですから、髪の毛やホコリが溜まりやすい場所でもあります。
 
 

いつでもサッとクイックルワイパーで、ホコリや髪の毛を取る習慣をつけておくと、汚れにくくなります。
 
 
スリッパの裏側にもホコリがつくので、ここはこまめに拭いておきます。
 
トイレを使った後はなるべく、便器の中にトイレマジックリンのような泡タイプのクリーナーを吹きかけて除菌しておくと、しつこい汚れが残りませんので、清潔に保つ事が出来ます。
 
 

便座にはライオンから出ているルックまめピカがオススメです。トイレットペーパーに吹きかけて、便座をさっと一拭きしておきます。
 
 
使ったそばから簡単なお掃除をしておけば、汚れが酷くなる事はありません。
 

普段から酷く汚れないように、使ったらすぐお掃除をしておくと、トイレ掃除が大変になる事はありません。
 
それでも、大掃除の時には普段行き届かない部分のお掃除が必要となります。
 

■トイレの給水タンク上の汚れ

 
給水タンク上に水が流れるタイプでは、水が流れる部分に水垢が溜まりやすく、黒ずんで見えたりします。
 
 
この辺りは汚れが溜まってしまうと落ちにくく、見た目にも良くありません。
 

しかし、タンク上が黒ずんでしまった時に活躍してくれるのが激落ちくんです。少し水をつけて円を描くように擦っていくと、消しゴムのカスのような黒い水垢が取れてきます。
 
洗剤や漂白剤を試したものの、頑固な汚れはなかなか落ちませんでしたが、激落ちくんが1番効果がありました。
 
 
ただ、汚れが酷い場合は時間をかけて、力を入れ、少しづつ落としていくしかありませんので、相当疲れます。
 
 
この部分に汚れを溜めたくなければ、使い終わった後に水滴を吹きとっておくと、汚れも軽減します。
 

■トイレのフチの裏のお掃除

 
トイレのフチの裏を覗いた事はありますでしょうか。全体的なトイレ掃除をする人は多いかもしれませんが、忙しいと忘れがちな部分でもあります。
 

しかし、放置しておくと真っ黒になっていて、気が付いた時にはなかなか落ちない頑固な汚れに発展してしまう場合があります。
 
 

フチの裏についた真っ黒い汚れには塩素系漂白剤が1番です。トイレットペーパーに漂白剤を浸しておき、フチの裏全体にピタッと貼り付けて、暫くおいておきます。

 
 
それでも頑固な汚れが落ちない時は、綿棒の先に漂白剤を原液のまま浸します。
 
 
綿棒は細過ぎるとすぐに折れてしまいますし、太すぎると細かいすき間に入らなくなりますから、普通の綿棒が適しています。
 
 
漂白剤を浸した綿棒で、黒く汚れた部分を擦っていくと汚れが落ちてきます。

 

■トイレのフチ裏だけ掃除してもすぐにまた黒くなる

 

便器の中の汚れは、便器とフチの裏を掃除し終えたら完璧と思うかもしれませんが、実は最も気にしなくてはいけない場所は、給水タンクの中にあります。
 
 

開けた事がないという人がいたら、1度覗いてみるといいかもしれません。正直驚きます。
 
 
ここが汚れていると、汚い水が便器に流れていく事になるので、目に見える部分だけいくら綺麗にしていても、すぐに便器の中に黒ずみ汚れが付着してしまいます。
 
 

給水タンク内は放置しておくと、黒かびの温床になってしまいます。
 
 
手を洗った時のバイ菌も流れていく部分なので、本来はこまめなお掃除が必要です。
 
 
トイレタンク用の洗浄剤を入れておく掃除方法もありますが、あちこちに頑固についてしまったカビを落とすなら、使い古した歯ブラシでゴシゴシ擦るしかありませんでした。
 
 
タンクのお掃除はタンク内が複雑な作りになっていますので、壊さないように説明書を見てからお掃除します。
 
 

■忘れがちな壁のお掃除

 
最後についうっかり忘れてしまうのが、壁のお掃除です。実は水や尿の飛び散り汚れが付着してしているので、ここもきちんと拭き取り掃除をする必要があります。
 
 
こまめに拭いていれば酷く汚れる部分ではありません。
 
 
また、目には見えないけれど、ドアノブもバイ菌がつく場所なので、しっかりクリーナーで拭いておくといいでしょう。
 

トイレ掃除は便器の中だけをゴシゴシと洗いがちですが、便器の中だけでなく、トイレ全体を見渡してみると、掃除する箇所が沢山あります。
 
 
細かい部分も忘れずに清潔に保ち、大事に使っていきたいですね。