お風呂はすぐにカビが生えてしまい、家の中でも掃除に苦労する場所ではないでしょうか。

 

ほとんどの人はお風呂場がカビ臭くなるのは避けたはずです。
 
 
では、カビを落とすのに大変な風呂場を掃除する方法を紹介したいと思います。
 

●天井のカビ落とし

 

お風呂のカビといえば、床や壁ばかり目にいくかもしれませんが、実は天井にもびっしりとカビが生えているので、掃除する必要があります。
 
 
天井は高いのでカビが生えていても良いかと思っている人も少なくないのですが、実はお風呂にカビを蔓延させる原因になっています。
 
 
では、高い天井を女性でも掃除できる方法を説明します。実は、クイックルワイパーを使えばわざわざ踏み台に乗ることなく簡単に天井のカビを取る事が出来ます。
 
 
カビがひどい場合はカビ取り剤を吹きかけて天井のカビを取ると簡単にカビを落とす事が出来ます。
 
 
直接天井に吹きかけると洗剤がぽたぽた垂れて自分にかかってしまうので、クイックルワイパーに取り付けられるタオルにカビキラーをつけ、
 
 
それで天井を磨くと洗剤が垂れずに磨く事ができるのでお勧めです。
 

●カビキラーを効果的に使う方法

 
しばらくお風呂掃除をしていない状態でカビ取り剤を使うとかなり大量に使ってしまうなんてことあると思います。
 
 
ですが、そんなときはあらかじめ浴室用洗剤を使って皮脂や石鹸のカスの汚れを取っておくとカビ取り剤の効果がより効果的に発揮され、少しの量でもカビを綺麗に取る事が出来ます。
 
 
そして、良くカビ取り剤を使う前に浴室をシャワーで洗い流してしまう人がいますが、
 
 
これではせっかくのカビ剤が薄まって効果が半減してしまいます。
 
 
ですので、カビ取り剤を使う場合は床や壁の水気をふき取ってから使うことが大切です。
 

 

●しっかりと効果が欲しい部分にはサランラップでカバー

 

浴室の隅やゴムパッキンはただカビ取り剤をつけただけではとりきれない場合が多いです。
 
 
そういう場所にはカビ取り剤をしっかりとつけてサランラップで上からカバーし、流れていかないようにしましょう。
 
 
そうすれば今までいくらゴシゴシしても取れなかった隅のカビを綺麗に落とす事が出来ます。
 
 
もし、一度で落としきれない場合は何度かに分けて行なうのが効果的です。
 

●お風呂グッズを簡単に綺麗にする方法

 

桶や椅子などお風呂にある小物もはやり、すぐにカビが生えてしまいます。
 
 
その小物を簡単に綺麗にするにはお風呂の残り湯に重曹を混ぜて、その中に小物を入れておくと効果的です。
 
 
そのまましばらく放置して、湯船からだし、後は洗い流すだけで綺麗になります。
 
 
昨日使った湯船でもOKなので簡単に綺麗にすることが出来ます。小物は意外とすぐにカビが生えたり、汚れがつくので定期的に行なうとより、効果的です。
 

●まとめ
 
このように、お風呂のカビを綺麗にする方法を紹介しました。
 
 
頑固なカビを落とすには工夫が必要ですが、何度も掃除を行なえば綺麗になるので、あきらめないで掃除をしてください。
 
 
また、特に梅雨の季節はすぐにカビが生えてしまうので1週間に1回は掃除をするように心がけましょう。
 
 
ですが、できるだけ掃除をする頻度を減らすために毎日お風呂から出た後に簡単に掃除をするとカビが生えにくくなります。
 
 
例えば、その日のよごれはその日のうちに落とすために、出た後にさっとシャワーで浴室全体を洗い流すと良いでしょう。
 
 
たったこれだけでもカビを防ぐ事ができるので毎日おこなってください。
 
 
さらに、入浴後はしっかりと水分をふき取るのもとても効果的です。
 
 
お風呂掃除は大変ですが、毎日お風呂を出た後の少しの掃除で、カビが生える頻度を減らす事ができるので、実践してみましょう。
 
 
お風呂掃除をしようと考えている人は是非、これらの掃除方法を試してください。