夢の都内一戸建てを購入子供が産まれたことを契機に、思い切って都内に一戸建てを購入しました。

 
とは言っても、ごく普通のサラリーマンである私にとっては築20年の中古住宅が精一杯。
 
 

安く購入し、フルリフォームを行うことにしました。
 

築20年一軒家リフォーム300万円でどこまでできるか?

築20年で割安とはいえ、都内の戸建てなのでそこそこの金額が掛かってしまい、リフォームに回せるお金はトータルで300万円。

 
 
内容は相当考えなくてはなりません。

 
 
妻とも色々話した結果、
 
 
 
「外装は壊れていないなら汚くても我慢」
 
「内装は汚いと我慢できないから全て手を入れる」
 
という結論に至り、業者さんとの打ち合わせを重ねていきました。
 
 
最終的に300万円の予算で出来ることはおおよそ以下の通りとなりました。
 
 
・壁紙を全て貼り換え
 
・洋間(6畳)1部屋のフローリング上貼り
 
・和室(6畳)1部屋をクッションフロアの洋間に変更
 
・和室(4畳半)1部屋をフローリングの洋間に変更
 
・クッションフロアにした洋間の押入れをクローゼットに
 
・和室(6畳)1部屋の畳を新調
 
・和室(4畳半)1部屋の畳を表替え
 
・キッチンをシステムキッチンに変更(ガスコンロ新調)
 
・キッチンの床をクッションフロアに変更

 
・洗面台を新調(床はクッションフロアに変更)
 
・トイレを新調(床をクッションフロアに変更)
 
・ベランダの手すりを新調(床は防水ウレタンを上塗り)
 
・湯沸かし器を新調

 
・コンセントの増設
 
これだけのリフォームを行った結果、内装は見違える程キレイになり、満足のいく仕上がりとなりました。
 

日々の生活をしている限り、築20年の家に住んでいるとは思えないくらい、どこもかしこもピカピカです。

 
 
やはり外装よりも内装。私と妻の作戦は見事的中したと思います。

 
少なくとも2年経つまでは・・・
 

リフォーム事前には気付かない事

 
リフォーム直後は非常に満足して暮らしていたのですが、わずか2年後に大きな問題が発生しました。

 
 
上述の内容をご覧になって気付いた方もいるかも知れませんが、実は風呂場をリフォームしていなかったのです。
 
理由の1つは在来工法で作られた風呂場のタイルがとてもオシャレで、気に入っていたこと。
 
そしてもう1つの理由は費用。
 
予算の中でのリフォームでは、購入時の風呂場より新しくなるだけで、趣というか雰囲気みたいなものが全くないものになってしまうのです。
 

その2つの理由から風呂場には手を入れなかったのですが、これは大きな失敗でした。
 
 
在来工法にもいろいろあるのですが、私が購入した家の場合、たまたま浴槽の排水方法に問題があり、
風呂場の下に湿気がこもってしまう構造となっていたのです。
 
 

その湿気が20年掛けて風呂場周辺の柱や基礎部分を腐食させていて、そのまま放置していたら家が傾きかねない状態になっていたのです。

 
このことに気付いたのは2年経ってから。
 
リフォームした時には気付きませんでした。
 
結局風呂場を後からユニットバスに変更することになり、つまらない風呂場になった上、費用がなんと100万円も掛かりました。

 
実はユニットバスを入れるために、新調したばかりの洗面所の床をはがさないといけなかったので、その分の費用まで掛かってしまったのです。
 
 
最初からリフォームに400万円掛けていれば・・・と思いましたが、
後悔先に立たずとはこのことです。
 
 
やはり水回りに関しては原則としてリフォームすることをオススメします。
 

総合的には満足
 

風呂場に関しては高い勉強になってしまいましたが、
 
 
築20年の中古住宅でも300-400万円かけてリフォームすれば、
 
ほんとうに満足できる仕上がりになります。
 
私の経験を参考にして頂ければ、もっと上手にリフォームすることも出来ると

 
思いますので、実際の予算としては300万円プラスアルファ程度で良いかと思います。
 

何といっても水回りが大切

 
フルリフォームを行うとなると、男性であればテレビを観たり本を読んだりするリビングに注意が向かうかと思いますし、女性はキッチンに注意が向かうかと思います。
 

ただ、家が傷むのはやはり水回りからだと思い知りました。
 
風呂場・キッチン・洗面・トイレをまずは入念にチェックして、湿気が家本体を傷めているような場合はまずはそこに予算を掛けましょう。
 
キッチンのグレードや洒落たリビングは、あくまでも水回りを完璧に仕上げた残りの予算でどこまで出来るか考えることをオススメします。